So-net無料ブログ作成
検索選択

色で喰う話 [日記]

映画化され、豊川悦司と大竹しのぶが出演して話題になった『後妻業』(黒川 博行 著)を読んだ。

他人が信じられなくなりそうなほど恐ろしい話が展開するのだが、小夜子と柏木の関西弁のやりとりはテンポがよくて笑える。「この女(小夜子)には罪悪感もないが危機感もない」といった分析は一言でたたみ込むようで小気味よい。
柏木が数万円で買ったブランド品時計を100万円以上で小夜子に売りつける手口も抜け目ない。
小夜子が近づいた資産家風の男が実はほとんど財産は持っていなくて、小夜子が逆にお金を盗まれるあたりは「やっぱりね」という気がした。
老後の生活資金は必要だが、貯金が数千万円あったとしても天国には持っていけない。悩ましいところではある。
いったい最後はどうなるのだろうとドキドキしながら読み進んでいったら、ラストはかなり現実的な着地だった。
映画のほうも、いつか観てみたい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。