So-net無料ブログ作成
検索選択
アクセシビリティ ブログトップ
前の10件 | -

VoiceOver の利用に関する情報 [アクセシビリティ]

iPhone や iPad に標準装備されている読み上げ機能であるボイスオーバー(VoiceOver)の利用に関連のありそうな情報の紹介です。
私が見つけた順に並べてありまして、新しいものは一番下のほうに追加してあります。
iOS そのものや Siri、音声入力などについての情報も含まれています。
このブログの記事「VoiceOver で使えそうなアプリ」も、よかったらどうぞ。

続きを読む


タグ:VoiceOver

VoiceOver で使えそうなアプリ その2 [アクセシビリティ]

iPad、iPhone、iPod touch などで読み上げ機能の VoiceOver をオンにした状態で使えそうなアプリを紹介します。このブログ内の「VoiceOver で使えそうなアプリ」の続きです。
新しい情報は下のほうに追加しています。
アプリは私の主観と好みで選んでおりますので、お試しになる場合は自己責任でお願いいたします。

続きを読む


タグ:VoiceOver

日本視覚障害者 ICTネットワーク(JBICT.Net)の Webサイトができました。 [アクセシビリティ]

この記事は Webじゃないアクセシビリティ Advent Calendar 2016の20日目の記事です。
今月、日本視覚障害者 ICTネットワーク(JBICT.Net)の Webサイトが公開されました。
 https://jbict.net/
すでに何本かポッドキャストが配信されています。
第1回目のポッドキャスト「JBICT.Net 初めの1歩」の中では以下のような活動目的が挙げられていました。
 https://jbict.net/journal/podcast/001
・見えにくい人たちや見えない人たちの ICTスキルの向上と情報の共有
・アクセシビリティの普及
・海外に住んでいて日本語を使いたい視覚に障害のある人たちとの交流
JBICT.Net のフォーラムでは、パソコンやスマートフォンのことはもちろん、日ごろの生活に役立つ家電やアプリ、Webサイトのアクセシビリティに関する情報も交換していけたらいいですね。
例えば音声読み上げポータルサイトでは音声ガイド機能付きのテレビや IHクッキングヒーターなどが紹介されています。
 http://yomiage.net/pc.html
このサイトに載っていない製品でも良さそうなものはありますし、目の不自由な人たちによるレビューを読むことができたら購入する際の参考になると思います。
以下は関連記事です。

続きを読む


身近な数字をわかりやすくするツール [アクセシビリティ]

この記事は Web じゃないアクセシビリティ Advent Calendar 2016の8日目の記事として登録しました。
先月、1から0までの数字が点字と普通の字で書かれたシールをいただきました。国際浮出株式会社社長の飯嶋さんが作ってくださったものです。
一つひとつのシールは点字の1文字(ひとます)分の大きさです。点字の下に普通の字が併記されています。ですので、横に並べて貼っていくと電話番号やマイナンバーなどを点字と普通の字の両方で表すことができます。
たとえば「748」でしたら、最初に7のシール、その隣りに4のシール、次に8のシールを貼ります。
イベントなどでお知り合いになった目の不自由な人に電話番号を伝えたいときはこのシールを使って名刺の裏に電話番号をすぐに点字表示できます。普通の字が一緒になっているから点字を間違える心配もありません。
私は目が見えない当事者でして、銀行口座の番号をこのシールで通帳に貼っておいたり、病院の診察券に印刷されている番号を貼っておいたりしたら自分で触ってわかるので便利そうです。
ところで、電気代やガス代、電話料金などの請求書や領収書には日付と金額だけでも点字で記載していただけると助かります。一部の会社にはそうしたサービスもあります。
今年の4月に障害者差別解消法が施行されたことですし、視覚障害者への合理的配慮としてお願いしてみてもよさそうな気もしますが、点字表示をつけるための手間や時間、経済的な負担はどのくらいだろうと考えると、なかなか言い出せません。けれど、こういったシールがあれば点字表示をつけるための方法も簡単に説明できますし頼みやすいのではないかと思いました。
目の不自由な私たちにとって書類を分かりやすくする道具としても活用していきたいです。
このシールは1シート500円(税込)、3枚セットは1000円(税込)で販売される予定だそうです。
国際浮出印刷株式会社のホームページ
 http://kokusaiukidashi.jimdo.com/


時刻を触って確かめられる時計 [アクセシビリティ]

目で見なくても使える時計としては音声の出るものが割と一般的ですが、私は触読式(触知式)時計に愛着があります。セイコー製、シチズン製のものが有名で、日本点字図書館や日本ライトハウスなどで買うことができます。
触読式の懐中時計はほとんど販売終了になってしまったみたいで残念です。
近ごろは振動式などの新しい時計もあり、選択の幅が広がってきたのは嬉しいことですね。

続きを読む


VoiceOver で使えそうなアプリ [アクセシビリティ]

iPad、iPhone、iPod touch などで読み上げ機能の VoiceOver をオンにした状態で使えそうなアプリを紹介します。私の主観と好みで選んでいますので、お試しになる場合は自己責任でお願いします。
杉田正幸さんのホームページにある「iTunes App Store の中で VoiceOver で利用可能なアプリ」も参考になります。
 http://j7p.net/itunes/index.shtml
「Voice of i -- iPhone や iPad を音声読み上げで使ってみれば」というブログには、さまざまなアプリの使い勝手が書かれています。
 http://voicei.seesaa.net/
iTunes Store 内のアプリや電子ブック、音楽、ポッドキャストなどはやまさんの森にある「iTunes 検索」でも探してダウンロードできます。
 http://www.yama3nomori.jp/
日本ライトハウス情報文化センターの情報機器関係資料として公開されている「見えなくても使える iPhone ボイスオーバーでの操作解説」もおすすめです。
 http://www.iccb.jp/salon/ref/

続きを読む


タグ:VoiceOver

VoiceOver で iPhone、iPad 入門 [アクセシビリティ]

VoiceOver は iPhone や iPad、iPad mini、iPod Touch に標準装備されている読み上げ機能で、通常はオフになっていますが、オンにすればすぐに使えます。日本語にも対応しています。
ただ、タッチ操作のゼスチャーを身につけるのに多少練習は必要かなと思います。
今週、私は自分の iPhone をようやく iOS8.2にアップデートしました。これまでより動作が安定しているように感じられます。
このブログでも iOS 8についての情報も少しずつ紹介していけたらと思っています。
PC にインストールしてあった iTunes も新しいバージョンにしました。これには20分ほどかかったように思います。スクリーンリーダー NVDA だと進行状況がわかるので、いいですね。

続きを読む


タグ:VoiceOver

まるでアクセシビリティ月間! [アクセシビリティ]

近年はWebサイトをはじめ、パソコンソフト、スマートフォンのアプリ、電子書籍、家電製品など、さまざまなもののアクセシビリティについて語られるようになってきました。アクセシビリティ(分かりやすさ、使いやすさ)には、文字の大きさや色のコントラスト、クリックしやすいかどうかなども含まれます。
例えば、Webサイトのアクセシビリティに配慮することは集客にも効果があると思いますし、「CSR(企業の社会的責任)を果たしている」という好印象にもつながるのではないでしょうか。
そして、少なくとも私は、Web のアクセシビリティについて勉強し始めたらコーディングや情報の整理にもますます関心がもてるようになりました。
新年度が始まったばかりのこの時期はアクセシビリティに関連したイベントやプロジェクトがたくさんあります。いくつかご紹介してみます。

続きを読む


けっこう普通に生活してます♪♪ [アクセシビリティ]

AccSellポッドキャスト 第44回「ペヤングじゃないですよね!?」を聞きました。
 http://accsell.net/podcast/0044.html
不動産検索サイト HOME'S の iPhone 向けアプリに関連して、私と同じように視覚に障害のある中根さんの住まい探しの経験や得意な料理についても話されています。
こういうアプリを用いて、周りの人たちの手をそれほど煩わせないで自分で住まいを探すことができたら、選択肢が広がって、より主体的な生き方ができそうです。他人に頼らなければいけない部分が多いと、どうしても遠慮して適当なところで妥協してしまう場合もあります。

続きを読む


動物の形が分かるおもちゃ [アクセシビリティ]

日本点字図書館で「アニア 動物フィギュア」を触ってきました。私はシロサイのフィギュアが気に入りました。他にはトラ、カバ、ウサギ、シマウマなどのフィギュアがあります。どれも手のひらに乗るくらいの大きさです。
各動物のフィギュアには足跡シールが付いていて、その足跡も大きくて分かりやすかったです。
現在、日本点字図書館 わくわく用具ショップのアウトレットコーナーで「アニア 動物フィギュア」が通常より安く販売されています。この機会にいかがですか。
 http://yougu.nittento.or.jp/category397_397.html

続きを読む


前の10件 | - アクセシビリティ ブログトップ