So-net無料ブログ作成

マッサージの腕を磨く [日記]

先月から私は盲人ホームに通っています。
その盲人ホームではマッサージの仕事で生計を立てることを目的として、視覚に障害のある人たちが学んでいます。
老人ホームの機能訓練指導員を目指している人や出張専門のマッサージ師として自活しようとしている人などです。
午前中は10時ごろに盲人ホームに行って、掃除をしてから朝礼があり、それから練習を始めます。12時から昼休みで、午後は1時ごろから4時すぎまで練習します。
先生方はマッサージの技術を丁寧に教えてくださいますし、就職活動についての相談にも乗っていただけるのでありがたいです。

続きを読む


言いたいこと、よくわかるよ。 [日記]

有限会社ユニバーサルワークスのアクセシビリティコラム 第123回「アクセシビリティとデリケートな感じ」を読みました。
 http://www.u-works.co.jp/column/column123.php
このコラムの筆者の方が書いておられるように、目が見えないために周りの人たちに何かお願いして手伝っていただくときに、その理由を説明せざるを得なかった場合とか、遠慮しながら頼んでいるのに不満を言われたりすることとかはありますね。
いつだったか、スーパーで私が買いたいものを探すのを店員さんに手伝ってもらえるようにお願いしたところ「なんでこんな混んでる時に来たんだ」と迷惑そうにされた。私はいつも比較的空いている時間を狙ってそのスーパーに行っていたのだが、その日だけ少し遅くなってしまった。その店員さんとは顔見知りだったし、悪気がないのはわかっていたから、めげないけどね。
また、「建物や風景が見えないのにお寺や神社に行って楽しいの?」と聞かれたり、「見えないから写真には興味がないでしょう」と決めつけられたりすることも多い。実際には違うのに。

続きを読む


合格できました。ありがとうございます! [日記]

昨日、公益財団法人 東洋療法研修試験財団の Webサイトに第25回国家試験の合格者速報が掲載されました。
速報は、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の試験ごとに視覚障害者と晴眼者に分かれており、受験地の都道府県別になっていたので、自分の番号を確認しやすかったです。
思わず自分の番号のところをスクリーンリーダーで何度も聞いてしまいました。
国家試験に合格できたのは、視力障害者福祉センターの先生方のご指導をはじめ、職員の皆さん、家族や友人など、ご理解ある方々のご協力があったおかげです。本当に感謝しております。
これからは治療家として、より多くの患者さんのお役に立てるよう学び続けていく所存です。


あけましておめでとうございます [日記]

旧年中は大変お世話になりましてありがとうございました。
2016年は学業を優先しながら、VoiceOver の使い方を教えたり、FCSアプリのモニターをさせていただいたりできて楽しかったです。神社やお寺、庭園にもたくさん行けて良かったです。
今年は、あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師の国家試験に受かって就職したいです。
ここ数か月間で私の自己肯定感もだんだん上がってきたように思います。意識しなくても穏やかな気持ちでいられる時間が増えてきました。余裕がないときでも周りの人たちに気を遣うことを忘れない人間でいたいです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとりまして2017年が健康で実り多き年になりますように。


色で喰う話 [日記]

映画化され、豊川悦司と大竹しのぶが出演して話題になった『後妻業』(黒川 博行 著)を読んだ。

続きを読む


宇治を歩いてきました。 [日記]

12月18日、庭いこいこの庭園鑑賞で京都府宇治市にある平等院に行ってきました。
宇治駅は奈良線のイメージが強かったのですが、京阪の中書島駅で宇治線二乗り換えて20分前後で宇治駅に着きました。
宇治駅から徒歩で平等院に向かう途中、宇治神社にお詣りしました。宇治川にかかる橋も渡りました。川幅が200メートルほどもあり、水音もよく聴こえました。川の中州には鵜飼の小屋がありました。

続きを読む


喜んでいいのかな? [日記]

よく笑う若い友人(女性)に「友加さん(私のこと)は面白い」と言われた。ビックリしたけど嬉しかった。
20代の初めの頃、私には好きな人がいた。おもしろい人だった。ちょっと年上の社交的で生命力のありそうな男性だった。
私は少しでも彼と話をしたくて機会をうかがっていた。
日常の出来事や本を読んだ感想などから話題を探したり、会話のとっかかりとなる質問を考えたりする毎日だった。
私の話は簡潔すぎる傾向があるみたいで、「どんなふうに?」とか「どのくらい?」とか、よく聞かれた。
私も正確に伝えようとして、いつも表現を工夫していた。
例えば「やばい」と「すごい」はなるべく使わないようにした。どちらも便利な言葉ではあるが、良い意味でも悪い意味でも用いられるし主観的すぎる。そのときの私の気持ちや状況をもっと丁寧に的確な言葉で表したいと思った。
やっぱり、友達でも恋人でも、話をしていて楽しい人がいいよね。そして、会話が途切れても大丈夫なのが望ましい。何かしゃべらなければと気を遣い続けるのも楽ではないから。


スマホが壊れたかも… [日記]

先週、私の iPhone のバッテリーがなくなり充電したところ iOS をアップデートしたときのような画面が出て、そのままアクティベートできなくなった。「スライドで設定」を選んでパスコードを入力するも、どうしてもアクティベートできない。
その前の数日は回線の状態が不安定で3gになったり4gになったりしていた。
私は最近はスマートフォンの回線で電話もメールもしており、パソコンとスマートフォンをケーブルでつないでインターネットで調べ物をするのにも使っていたので非常に困った。

続きを読む


怖いけど面白かった。 [日記]

『懐かしい家 小池真理子怪奇幻想傑作選1 (角川ホラー文庫)』を読んだ。
ホラー小説は久しぶりだった。
登場人物たちの会話や心の動きを通して「何かが起りそうだ」と少しずつ期待が高まっていく。そのあとに続く出来事は怖い反面、どこかコミカルで噴き出してしまった。

続きを読む


勉強になったし楽しかったです。 [日記]

10月15日と16日に大阪で開かれた「日本ライトハウス展~全国ロービジョンフェア 2016」で iPhone 体験会のお手伝いをさせていただきました。
今年の体験会は1回につき45分で、ゆっくりお話ししたり、iPhone でいろいろな操作を試していただいたりできました。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。